WPプラグイン「Enhancing CSS」で不具合、ロリポップの403エラーは設定を変更

ワードプレス(以下、WP)のCSSを編集するプラグイン「Enhancing CSS」にて不具合が生じて403エラーが表示されます

CSSを変更して、保存と変更をしようとすると出現する画面。
ロリポップ403エラー

以前、他のプラグインでも不具合が出た、ロリポップの設定によるもので対処法も全く同じです。なお、レンタルサーバーがロリポップ以外の人にとって、この記事は全く参考になりません。
WPプラグイン「Master Post Advert」で不具合、ロリポップの403エラーは設定を変更

Sponsored Link

ロリポップユーザーが「Enhancing CSS」で不具合が出る場合の原因はWAF

拡張CSSをいじって、「変更と保存」をクリックすると403エラーが表示されます。

拡張CSS

ネットで原因を調べるとWAF(ウェブアプリケーションファイアーウォール)にあります。
詳しくは「ロリポップでWordPressを使っていてWAFの誤検知が出るときの対処法」をご覧いただきたいのですが。

頻繁にCSSをいじらないようであれば、一時的にWAF設定を解除 → CSSを変更 → WAFを再設定
これが安全かつ手軽であるといえます。

WAF設定変更の方法

ロリポップWEBツールからWAF設定を選択

ロリポップのサイトにログインして、左側メニューの「WEBツール」から「WAF設定」を選択

WAF設定_有効から無効に

WAF設定が「有効」になっているので「無効にする」をクリック
ここで一つ注意点ですが「無効状態」にしても設定が効くまでに5~10分時間を要します。以下の作業ができない場合は一度時間をおいてください。

拡張CSS

WPプラグイン「拡張CSS」を書き換えたら、「変更と保存」をクリック

WAF設定_無効から有効へ

プラグインの変更をしたら、忘れずにWAF設定を元の有効状態に戻します。

まとめ

今回、ロリポップでファーアーウォールを設置し、サイトの改ざんへの防御としてくれています。
新しいサービスは頼もしいものではありますが、突然導入されると戸惑うものが多いですね。私は他にもワードプレスで運用しているサイトがあります。WAF導入以前から運営していたサイトはWAFの設定が「無効」になっています。安全面を考えればログインして「WAF有効」にすることが好ましいと考えます。

LINEで送る
Pocket