ストイコビッチ監督は鮎の塩焼きが大好物らしい。

名門サッカーチーム、名古屋グランパスのストイコビッチ監督(愛称はピクシー)は大変な鮎好きで有名であるらしい。

明日は完全オフが予定されている。記者から「近くに釣り堀もあるようですが」と質問されると、「鮎は釣れますか?ここまで6日間で、すでに29匹の鮎を食べました」と驚きの報告。以前からピクシーは鮎を大好物に挙げているが、「鮎は世界的に見ても素晴らしい魚です。美しいですし、鮎には申し訳ないですが、とても美味しい魚です」と改めて絶賛。「鮎は川の中で縄張りを張っていますし、選手たちにも鮎のファイティングスピリットを見習って欲しいと思います」と選手たちに“珍アドバイス”を送った。

Yahoo!ニュースより

ストイコビッチ鮎の塩焼き

Sponsored Link

サッカー選手やサッカーの監督に限らず、有名人が地方都市などを訪れた際、地元をあげて歓迎する気持ちはよく分かります。
その地方の名産品などを持ち寄って、歓待する光景が目に浮かぶようです。

しかし、そんな地方の名産品には、あまりありがたくないものが多いのも現実です。
以前、山間の柚子の産地に旅行した折、土産物に並んでいた「柚子飴」「柚子ポン酢」「柚子饅頭」など、まさに柚子オールスターズといった製品ラインナップに若干、たじろいでしまった記憶があります。

選手時代から日本と日本サッカーを愛してくれていた、ストイコビッチ監督には、そういった地方の歓待が嬉しく。どこかで出された、「おらが町自慢のあゆ」に魅入られたのでしょう。
あゆ独特の苦味あるはらわたの香りを理解してくれる外国人がいることを嬉しく思います。

サッカー観戦は、日本の代表戦くらいしか観ることはありませんが、同じ鮎ファンとして、ストイコビッチ監督と名古屋グランパスが気になる存在になりました。
私のなかで、ラポールが生まれたのでしょう。

LINEで送る
Pocket